やまぐち森林づくり県民税関連事業

   山口県では、荒廃が深刻化する森林を適正に整備し、県民共有の財産として次世代に引き継いでいくために、4月から「やまぐち森林づくり県民税」を導入しました。
この税を使用した森林整備については、下記のとおり事業を実施しますのでお知らせします。
 
公益森林整備事業
 
 長期間放置された荒廃森林の強度間伐により、針葉樹・広葉樹の入り交じった混交林へ転換し、森林のもつ多面的機能を発揮させることとします。
 
 ■対象森林:水土保全林で、次の要件をすべて充たす森林となります

・私有林の普通林 

・36年生以上のスギ

・ヒノキ人工林 

・ダム上流域及び河川の源流域

・将来的に伐採収入が期待できない人工林

・20年以上放置される等機能低下している森林

 
 ■事業内容:強度間伐(40%以上)
       表土流出防止施設の設置
 
 ■実施主体:森林所有者等
 
 ■事業実施:3者協定(県、所有者、市町村)を締結します
  後の管理 ・20年間の皆伐禁止等
 
 
 竹繁茂防止緊急対策事業
 
 繁茂した放置竹林を緊急的に伐採・管理し、森林のもつ多面的機能を発揮させることとします。
 
 ■対象森林:水土保全林で、次の要件をすべて充たす竹林又はこれに隣接する竹林となります
       ・私有林
       ・ダム、身近な生活の場等の周辺
       ・竹の侵入率30%以上の森林
 
 ■事業内容:繁茂竹林の伐採等
        再生竹の伐採等
 
 ■実施主体:県
 
 ■事業実施:3者協定(県、所有者、市町村)を締結します
  後の管理 ・9年間転用禁止等
 
 
※事業採択等くわしい内容につきましては、経済課(2-3114)または山口県萩農林事務所森林部(0838-22-3366)までお問い合わせください。
まちで暮らす 町内のみなさまへ
まちを知る 町内のみなさまへ